役員報酬について考える

役員の役割と役員報酬

役員報酬とは役員のお給料のことで、役員がちゃんと職務と責任を果たしたら貰えます。
それでは役員とは一体どういうものかというと
会社法では取締役・会計参与・監査役のことをいいます。

取締役は普通株式会社には必ず必要で、取締役の中から1名代表取締役を選びます。
取締役とは株主に会社の経営を任された人のことです。

取締役会を設置する会社の役員人数は3名以上です。
逆に設置しない会社は1名でOKです。
取締役会とは株主総会で決定した経営の方針や役員報酬等を
更に細かく具体的に決定する所です。

会計参与とは会計等計算書類を作成する職務です。
税理士等の資格を持っていなければなれません。

監査役とは取締役の職務を監査する職務です。
必ず会社に置く必要もなく人数も特に決まってはいません。
但し監査役会を設置している会社は3名以上必要です。

それぞれの役員の任期は、原則取締役と会計参与は2年で
監査役は4年となっています。
しかし定款にて10年まで伸ばすことも可能です。

役員を解任したい場合は株主総会で決定する。
つまり、役員を選ぶのも辞めさせるのも株主に決定権があるということです。

役員報酬は会社設立後に決定するのですが、社員と違い残業手当等はありません。
株主総会や取締役会にて決定します。
役員賞与も株主が決定するので
株主の期待以上に成果を上げれば賞与ゲットできる事もあります。

また、役員賞与がなくても役員報酬が高額になれば、
株主に期待されているということです。
NEW
 2014.08.14 役員報酬の決め方
 2014.08.14 役員報酬の増減と減額
 2014.08.14 役員報酬と節税
 2014.08.18 役員報酬の注意点

            
  
メニュー
HOME 役員報酬について
since 2013
Copyright 役員報酬について考える All rights reserved.